【学生向け】節約しつつ使えるVODや学割のある動画配信サービスを紹介!

学生向けのVOD

学割のある動画配信サービスって無いんかな?調べても全然出てこないんだけど。

今回はそんな悩みを解決していきます。

結論から言うと、学割の利用できる動画配信サービスは一つだけ。

本記事では唯一学割を利用できる動画配信サービスを紹介しつつ、学割無しでもオトクに使うことのできるVODを3つ紹介していきます。

特に学割の利用できるサービスは月200円台で利用することが可能なので、超オトク。

お金に余裕の無い大学生活で、節約しつつも動画を楽しめるサイトを紹介していくので、学生だけでなく、費用を抑えたい方もゆっくりご覧ください。

価格だけでVODサービスを決めるのは危険!選び方は?

危険
まず言っておくと、価格が安いという理由だけでVODを選ぶのは非常に危険です。これから紹介することを踏まえてVOD選びをしないとまず後悔することになるでしょう。

VODを選ぶ際に重要な2つの要素は以下の通りです。

見たいジャンルに合わせてサイトを選ぶ

まず第一にメインで見たいジャンルが強いVODを選ぶことが何よりも重要。見たい動画が無いVODほど登録してガッカリすることは無いです。

洋画を見たいあなたが邦画1000作品、洋画10作品のサイトを利用したらきっと後悔しますよね。

本記事で紹介するVODは、人気のジャンルに強いサービスを選んでいるので、価格よりもジャンルでサイト選びするのが良いですよ。

アプリの機能性で選ぶ

大学生であれば空きコマにVODを利用する機会も多いでしょう。

そんな時に重要な要素は、以下の2つ。

  • ダウンロード再生ができるか?
  • 作品は簡単に探すことができるか?

屋外で動画を楽しむ場合、データ通信量を気にして動画が楽しめないなんてよくあることです。

そんな時ダウンロード機能があれば安心。あらかじめWi-Fiがある場所で動画をダウンロードしておき、データ通信量なんて全く気にせず動画に集中できます。

作品の探しやすさは軽視されがちですが意外と重要。正直、動画を探しにくいサービスってめちゃくちゃストレス溜まるんですよね。

作品が探しやすいサービスを利用することで、新たな作品に出会うチャンスを広げてくれますよ。

学割のある動画配信サービスはPrime Videoだけ

Prime Video
現在、学割を利用することのできる動画配信サービスは、Prime Studentに登録することで利用可能になる『Prime Video』のみ。

Prime Videoは3000本から4000本の動画を見ることのできるVODで、特に最近の邦画を見たい方にはぴったりのサービスです。

大学生ならPrime Studentは絶対に入るべきサービス

僕自身も大学生の時に利用していたPrime Student。通常年会費4900円がかかるAmazon Primeを半額の2450円で利用できるようになります。

Prime Studentに登録した場合、VODサービスだけでなく、

  • Amazonの送料・お急ぎ便無料
  • Prime Reading無料
  • Amazon Music無料
  • Amazonのフォトストレージ使い放題

など様々なサービスも一緒に利用することができます。それでもって月額換算すると200円ほどなので、もはや赤字なのでは?と思えるサービスです。

Prime Videoについては以下の記事でより詳しく解説しています。
amazon 4年以上アマゾンのプライムビデオを使ってる僕が徹底レビュー【邦画好きのあなたにピッタリ】

Prime Studentは初回の半年間無料で利用できる!

通常のAmazon Primeであれば、初回の30日間が無料でお試しできる期間となります。

しかしPrime Studentの場合は通常の6倍である半年間無料で利用することが可能。

大学生であれば4年生の後期でも無料トライアルを利用することができるので、利用しないなんて損でしかありません。

半年間の利用後は、月額250円のプランか年会費2450円のプランを選ぶことができ、無料トライアル終了後に最長で48ヶ月間利用することができます。

Prime Videoを除く学生におすすめの動画配信サービス3選

Prime Videoは学生にとってコスパ最強のVODであることは間違いないと思います。

しかし正直な話Prime Videoの場合、邦画以外は強くない印象です。

海外作品は多くがレンタル配信、アニメも見たいと思った多くの作品がレンタル作品。そこで以下では学生のあなたにおすすめなVODを見たいジャンル別に紹介していきます。

学生におすすめのVOD1:Hulu

hulu
Huluは月額は1026円で、2週間の無料トライアルを利用可能なサービスです。

学生の中には英語を勉強したいと思う方がいると思いますが、そんな方にはHuluがぴったり。

海外ドラマの作品数が日本一のサイトで、人気作が豊富となっています。さらに英語字幕で海外作品を楽しむことができ、英語のセリフを聞きながら英語字幕を見ることだって可能です。

多くのサイトでは字幕版にした場合、日本語の字幕しか表示することができません。

Huluの場合、

  • 英語字幕あり
  • 海外作品のラインナップの多さ
  • VOD相場価格である月額1000円程度

という点で英語学習を頑張りたいと考えている学生にぴったりなんですね。

他には日テレのドラマや、バラエティのラインナップも豊富です。

学生におすすめのVOD2:dアニメストア

dアニメストア
dアニメストアは月額440円で利用できるアニメ専用のVODです。

月額料金はスタバの限定フラペチーノよりも安く、それなのにアニメ作品数は4000作品以上と最強のコスパを誇っています。

アニメ以外は見れないというデメリットはありますが、アニメ好きにとってはそんなこと関係無し。

節約しつつも盛大にアニメを楽しめます。

またPrime Video for dアニメストアというPrime Videoと提携したサービスもありますが、こちらは見れる作品数が減るのでおすすめしません。

最初の31日間は無料トライアルが利用できるので、どうですか?

学生におすすめのVOD3:dTV

dtv
最後に紹介するサービスは、月額550円で12万本以上の動画を見れるdTV。

個人的には全然おすすめできないですが、韓流ドラマを見たい場合に限ってはコスパがかなり良いサイトとして推薦できます。

他のラインナップは正直微妙で、550円でも高いのでは?と感じる方もいることでしょう。

そして12万本の動画を配信していると公表はしていますが、実際には需要のないカラオケの動画などが1万本以上配信されています。

そのため動画の数が多い割に、ほとんど見ないような作品ばかりなんですね。とは言え韓流ドラマのラインナップはかなり豊富なので、そのために利用するのは全然アリです。

まずは31日間の無料トライアルが利用できます。

節約しつつ使える学生向けのVODまとめ

学生でも使いやすい節約して利用できるVODを4つ紹介してきました。

今回紹介したVODは以下の通り。

  • Prime Video:学割アリで邦画を見たい方にピッタリ
  • Hulu:英語の勉強に最適!
  • dアニメストア:コスパ最強のアニメ専門VOD
  • dTV:韓流ドラマを見るならおすすめ

重要なのはコストを気にしつつも見たい動画が配信されているサービスを選ぶこと。

見たい動画に合わせて本記事で紹介したサービスを利用すれば、失敗せずコスパの良いVOD選びができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です