dTVかHulu(フールー)か?これで分かる!比較する際に考えたい10のこと

hulu dtv 比較アイキャッチ

HuluとdTVのどっちかを使いたいんだけど、迷ってる。
どっちを使ったほうがいいのか目に見えて分かればいいのにな。

今回はそんな悩みを解決していきます。結論から言うと、とある方を除いてHuluを使うべき。

本記事では、HuluとdTVを10個の項目で比較しつつ、最終的にあなたがどっちのサービスを使ったほうが良いのかをまとめていきます。

サイト選びで後悔しないためにも、5分ほどで読み終わる本記事を有効活用していきましょう。

HuluとdTVを徹底比較

HuluとdTVの比較項目を大きく分けると以下の通り。

  • 月額料金
  • ジャンルごとのラインナップ
  • 最高画質
  • 対応端末
  • アプリの機能性

この中では、とあるジャンル作品と月額料金はdTVの圧勝ですが、それ以外だとHuluの圧勝という結果に。

それぞれの項目について深堀りしていきます。

HuluとdTVの比較1:月額料金・支払い方法

お金
Huluの月額料金は1026円、dTVは550円です。

dTVの月額料金はHuluの半額程度。VODの相場価格が1000円程度なので、dTVはかなり安いと言えます。

ただしdTVの場合、コンテンツの質がそこまで高いわけではないので、コスパ重視の人にとって満足できるサービスかと言われるとそうでもありません。

コスパ重視の方にぴったりなサイトは以下の記事にて紹介しています。

price 安いVODは?コスパ重視のあなたにピッタリな動画配信サイト

HuludTV支払い方法

支払い方法はHuluが圧倒的に多いですね。ほとんどの方が何かしらの方法で登録できるかと思います。

一方でdTVの支払い方法は、クレカとdocomo決済の2種類のみ。さらに非docomoユーザーだとクレカのみです。

docomoが運営しているサービスは、支払い方法の少なさがかなりネックと言えます。

HuluとdTVの比較2:邦画・国内ドラマのラインナップ

邦画・国内ドラマのラインナップだとHuluの方が豊富です。

Huluの場合日テレ子会社が運営しているため日テレ系のドラマや映画は文句なしのラインナップ。

過去の人気作も多く取り扱っています。

dTVも映画の数はHuluに負けず劣らずですが、見たいと思った作品が追加課金の必要があるPPVコンテンツであることもしばしば。

日本のドラマや映画を見たい方は、Huluにした方が失敗しないと言えます。

HuluとdTVの比較3:洋画・海外ドラマのラインナップ

Huluの圧勝です。

Huluの海外ドラマラインナップは日本一とも言えるサイトで、作品を楽しむだけでなく英語の勉強をするという目的でも利用できちゃいます。

洋画の数もどんどん増えており、最近はハリーポッターシリーズもラインナップに追加されました。

dTV、Hulu以外のVODを比較したとしても、海外作品を楽しみたい方にはHuluがぴったりですよ。

HuluとdTVの比較4:韓流ドラマのラインナップ

ドラマ
dTVの圧勝です。

dTVで見れる韓流ドラマのラインナップは日本一とまではいかないですが、TOP3に入るレベルで充実しています。

一方でHuluはアジア系作品があまり充実しておらず、数えられるレベルの少なさ。

コスパを気にしつつ、韓国の作品を楽しみたい方にはdTVがぴったりです。

HuluとdTVの比較5:アニメのラインナップ

両サイトともにアニメのラインナップがめちゃくちゃ良いわけではないですが、2つを比べた場合、Huluの方がアニメ作品は充実しています。

dTVはアニメの数がかなり少ないので、アニメ好きには物足りないですよ。僕もメインでアニメを見ていますが、dTVにある作品はすでに視聴済みのものが多いです。

Huluの場合作品の量を質でカバーしています。人気作を多く取り揃えており、定番の作品がズラリ並んでいます。

そのためアニメ初心者の方にとっては十分に満足できるサービスですよ。

関連記事:Huluはアニメが少ない?使って得する人と後悔する人の違いとは

HuluとdTVの比較6:バラエティ番組のラインナップ

Huluの圧勝です。

dTVはバラエティというジャンルがありますが、正直バラエティ番組とも言えない作品ばかり。

日テレオンデマンドで配信されているタイトルもあり、それらはHuluでも視聴可能です。

Huluの場合、日テレで人気のバラエティ番組である

  • しゃべくり007
  • 月曜から夜ふかし
  • エンタの神様
  • 有吉反省会
  • 笑点

などがズラリ揃っています。

HuluとdTVの比較7:オリジナル作品のラインナップ

オリジナル作品の配信は両サイトとも充実していますが、数だけで見るとdTVの方が多いかなって印象です。

HuluとdTVの比較8:最高画質

フルHD
HuluはBlu-rayと同じフルHD画質対応。テレビに映してもキレイに映るため文句なしです。

一方でdTVは4K対応の動画ありますと宣伝しているわりにほとんどの動画がHD画質。私達が見る作品の9割以上はHD画質と思っておくべきです。

HuluとdTVの比較9:対応端末

大きな違いはPS4で見れるかどうか。

スマホやパソコンではどちらのサイトも問題無く利用できるので、考えるべきはPS4で見るかどうかぐらい。

dTVの場合はPS4に対応していないので、気をつけましょう。

HuluとdTVの比較10:アプリの機能性

動作に関しては、どちらもサクサク利用できるんですが、

  • 作品の探しやすさ
  • 動画視聴中の操作

という点でHuluが使いやすいです。

せっかくの楽しい時間に操作でストレスを溜めないようにするのも重要ですよ。

HuluとdTVの比較まとめ!それぞれ利用するメリット・デメリット

ここまでHulu・dTVを比較してきましたが、それぞれのサイトを利用するメリット・デメリットを表にまとめました。

Huluメリデメ

dTVメリデメ

それぞれのサイトについての口コミ・レビューは以下の記事でより詳しく解説しています。

迷うならHuluを利用した方が後悔しない

VODを5年以上使っている僕はHuluとdTVで悩んだなら、Huluを利用します。

メリット・デメリットで比べた際に圧倒的にメリットが大きく、500円の差以上にコスパが良いからです。

どちらのサイトも、初回の2週間から1ヶ月間は無料トライアルを利用可能です。もしまだ無料トライアルを使っていないのなら、1円もかからないので利用しなきゃもったいないですよ!

日テレドラマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です